そんな気の子。

たけのこ、たけのこ。

鎌倉でダンジョンの秘密の入り口を探す

みなさん!!!

ミニスーパーファミコンやってますか!!!??

 

 

f:id:horicun:20171203003202j:image 

 

ミニスーパーファミコン、素晴らしいですね。特に、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」は名作です。20年以上も前の作品にもかかわらず、圧倒的な面白さ。ギミックを凝らしたダンジョンは冒険心をくすぐられます。

 

さて、ゼルダの伝説といえばダンジョン。ダンジョンといえば、秘密の入り口を爆弾でこじ開けるシーン。

 

f:id:horicun:20171203003126p:image 

(http://www.ne.jp/asahi/new/legend/mansaku/report/zelda3ta/preliminary.html より引用)

 

これです。「テロリロリロリン♪」という効果音が聞こえて来ます。

 

 

今回は、現実にひそむ秘密の入り口を求めて、鎌倉に来ました。なぜなら、鎌倉は秘密の入り口っぽいところが多いからです。

 

今回訪れたのは鎌倉〜北鎌倉にかけてのお寺。ちょうど紅葉のシーズンでもあり、多くの観光客で賑わっていました。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171202234929j:image

 

しかし、もみじを狩っている場合ではありません。ダンジョンの秘密の入り口を、見つけるのです。現実のテロリロリロリン♪を求めて。。。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171202235034j:image

 

 

さっそく見つけたのはこちら。いかにも秘密の入り口っぽいです。ああ爆弾でこじ開けたい。奥の穴を爆破すると、右のタヌキがビームを放って来そうですね。そういうギミックのダンジョン。あるある。

 

 

 

 f:id:horicun:20171203004517j:image

 

割れ目が気になります。これはぴったり挟まっている岩を引っ張るタイプのやつですね。岩を引っ張るにはパワーアップアイテムが必要なパターン。ああパワーグローブが欲しい。岩を引き出したい。。。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171202235445j:image

 

 あからさまに通行禁止と書いてあるのがいいですね。ゲームの序盤は塞がれていて、ストーリーを進めるうちに行けるようになるタイプのやつです。あからさまにダンジョンの入り口っぽいのも最高ですね。分かってるのに入れない。でも、いつか戻ってくるから。ストーリーを進めてから戻ってくるから。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171202235913j:image

 

 これは円覚寺で見つけたやつなんですけど、すぐ近くに解説の看板がありました。

 

f:id:horicun:20171203000018j:image

 

  「この洞穴より白鹿が群れをなし」のくだりがガチのダンジョンぽくていいですね。白鹿が群れをなすのかよ。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203000336j:image

 

 生い茂る草木の中にチラ見えする鳥居。これは完全にダンジョンの入り口だ。ああ入りたい。そして攻略したい。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203001007j:image

 

これはジャングル感があるタイプのやつです。目を凝らさないと見逃してしまうタイプですね。入り口の向こうには宝箱がありそう。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203001118j:image

 

 あからさますぎて逆に引くレベル。ゲームだったら絶対に入ります。

 

 

 

 f:id:horicun:20171203001638j:image

 

 これはゼルダというよりマリオですね。土管。それはそれで入りたい。コインをたくさん集めたい。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203001411j:image

 

 これは秘密の鍵を持ってないと入れない場所。ダンジョンのどこかに秘密の鍵が隠されているに違いない。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203001523j:image

 

 これなんかもう、ラスボスがいる塔って感じです。 全部のダンジョンを攻略してから行く場所って感じ。つよい。

 

 

 

 

 f:id:horicun:20171203001823j:image

 

そこに扉があるのに!!見えているのに!開かない!これはスイッチを押すとか、敵を全部倒すとかしないと開かない扉に違いない。行きたい。扉の向こう側に。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203002042j:image

 

行かせてくれ。その先に。ああ。 

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203002144j:image

 

 とても神聖な感じ。良い。良さが、ある。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203002254j:image

 

これなんかもう、ガチの史跡のようです。

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203002330j:image

 

秘密の入り口に入れるなら署名でもなんでもしますので!!!

 

 

 

 

f:id:horicun:20171203002444j:image

 

 そこには何もないのに!何を囲っているの!!これは闇の世界にワープした時にハートのかけらが手に入るやつですね。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

というわけで、鎌倉には秘密の入り口がたくさんあるので、とてもワクワクします。みなさんも探してみては。

 

 

f:id:horicun:20171203004117j:image

 

 これはぜんぜんダンジョンに関係ないんですけど、明月院の橋で見つけたかわいいやつ。

 

 

ファミマの店員。

朝 出勤時によく利用するファミマがある。そのファミマのその時間帯には、一人だけめちゃくちゃ早口な店員さんがいる。僕はその店員さんが少し苦手だ。早口だが滑舌はとてもいいのが厄介なのだ。

 

「いらっしゃいませおはようございます150円になりますTポイントカードはお持ちですか〜」

 

これを2秒で言う。滑舌よく。すると、そのメッセージを受け取った僕は脳内の言語処理が追いつかない。確かにはっきりと聞き取れたのに。言われたことの意味を理解するのに遅延が発生するのだ。実際その遅延は店員さんが言い終わってからのほんの0コンマ何秒かにすぎないが、「はっきり聞き取れた簡単な日本語なのに発言の意味を理解するのに遅延が発生する」ということがとてもストレスに感じる。これは単に急かされている状況へのストレスとは別物である。(まぁそれもあるけど。) うーん。何だろうなあ。大げさにいうと、処理が追いつかなくてパニックになる感じに似ている。自動車の教習所に通い始めのとき、交差点で右折する際にやることが実はとても多くて脳が疲れるあの感じに似ている。

 

結局僕はその0コンマ何秒かの遅延によってうろたえてしまい、Tポイントカードを持っているのに提示することができない。(それは急かされているように感じるせいでもあるけど。)

 

とにかく、ストレスなのだ。でも、早口の店員さんはめちゃくちゃ有能なので、悪くない。事実、長い列にも関わらずすぐに自分の会計の番がやってくるのは、その店員さんのおかげ。圧倒的な処理速度…!圧倒的感謝…!!!

 

だがそのせいで、かなりの確率で早口の店員さんに会計をされることになる。1つの会計の列は2つのレジに分配されるのに、早口の店員さんの方に会計される確率は7割ぐらい。こまった。

 

しかも最近は早口じゃない方の店員さんも感化されて少しずつ早口化しつつあるので、今後の様子をひそかに見守りたい。そして、どんなにストレスでも、どんなに急かされても、Tポイントカードは自分のペースでちゃんと出したい。(謎の決意)

 

 

 

第2回 ターャジス評論。

みなさまごきげんよう。ラッキーカラーはベージュと黄緑。ターャジス評論家の堀です。

 

あのターャジス評論が帰ってきました。第二回です!

( 前回のターャジス評論が、なんとDPZさんに紹介されました。「水を旨くするラーメンとターャジス評論 - 自由ポータルZ:デイリーポータルZ:@nifty」。めでたいですね。)

 

さて、今回は2度目のターャジス評論となりますが、DPZで記事が紹介されたこともあり、多くのターャジス写真が投稿されました。採用倍率高めです。(採用されなかった人はごめんなさい。)

 

それでは、選りすぐりのターャジスをご覧ください。 今回はランキング形式でお送りいたします。

 

ターャジス ベストテン!!

 

 

 第10位

f:id:horicun:20171019135643j:image

こちらは渋谷のスタンダードターャジスですね。ターャジスといえば渋谷といっても過言ではないぐらい、平日の渋谷ではとても良くみかけます。 ただ、この写真は縦列駐車になっていますね。ターャジスの運転スキルの高さを表していてポイント高めです。8点。

 

 

 第9位

f:id:horicun:20171019134308j:image

下北沢で初めて確認されたターャジス。ターャジスは下北沢にもいるんですね。サブカル文化との相性も良いようです。あと、あんなところに小窓があるんですね。とてもかわいい小さな扉です。この扉から運転手さんは何を取り出しているのでしょうか(その謎を知る人はいません。)今作は我々に多くの発見をもたらす名作です。8点。

 

 

 第8位

f:id:horicun:20171019134251j:image

後ろからターャジス。パースが効いてますね。細かいところでは麻雀、日高屋、消火栓の並びが最高に良いですね。ターャジスの日常感と非常によくマッチしているように感じます。大学生感があります。8点。

 

 

第7位

f:id:horicun:20171020000356j:plain

 ニコアンドとターャジス。ニコアンドはファッションや雑貨を扱っているお店です。前から気になってたんですよね。ニコアンド。「ニコと・・・なんやねん!」と。andの後に何が来るのかはニコアンド業界でもしばしば議論になっていたようです。しかしその答えを今作は導き出してくれました。andの後に来るのはターャジスだったのです。「ニコと・・・ターャジス!」。8点。

 

 

   第6位

f:id:horicun:20171019134825j:image

くらいめ阪大。実は今回のターャジス評論では何枚かの「くらいめ阪大」の写真が寄せられました。その中で最も良かったのがこちらの「くらいめ阪大」です。「くらいめ」は大阪大学と何か関係があるのでしょうか。いやー素晴らしい。路上駐車用の枠にピッタリと収まっているところもポイント高いです。8点。

 

 

   第5位

f:id:horicun:20171019134837j:image

こちらも枠にピッタリと収まっています。ターャジスは枠にピッタリと収まりがちですね。ターャジスはまじめなのです。ただ、手前の自転車がとても良いですね。おそらく駐輪禁止スペースなのでしょう。雑多な感じが出ています。法律を守らない自転車と、守るターャジスの見事なコントラスト。8点。

 

 

 第4位

運転席から撮影されたターャジス。運転中のターャジスあつめは非常に危険なので推奨されていません。しかし今回は、あえてその瞬間を捉えた勇気に敬意を表したいと思います。よく見ると手前の黄緑のタオルがターャジスの色合いと非常にマッチしているんですね。運転席からの撮影、黄緑のタオル。これは普段から充分に準備をしていないとなかなか撮影できないと思います。この写真の投稿者はとてつもないターャジスト(ターャジスの写真を撮影する人の総称)なのかもしれません。恐れ入ります。8点。

 

 

 第3位

 

こちらはかなり挑戦的な作品です。新宿西口のヨドバシカメラ前でしょうか。必要な情報だけがミニマルに収まっています。ネオンが点灯する前の昼間のヨドバシ新宿西口店とターャジス。シンプルイズベストとはまさにこのこと。天才肌といったところでしょうか。8点。

 

 

 第2位

f:id:horicun:20171019134236j:image

東京駅とターャジス。注意していないと見逃してしまいそうなところをよく捉えました。遠近感、構図もかなりよいです。行きかう車たちのスピード感も上手くあらわされています。両サイドからチラ見する木も素晴らしい。多くの超高層ビルが立ち並ぶ背景、歴史的建造物でもある東京駅、そしてターャジス。非常に味わい深く、かなりポイント高いです。8点。

 

 

 

 

 

 

さて、今回のベストターャジスは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこどこどこどこ(ドラムロール)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこどこどこどこ、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃーーーん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優勝

f:id:horicun:20171019135834j:image

ターャジスと「便ールガンカ」

これは素晴らしい!実は便ールガンカ(「びんーるがんか」と読みます)はターャジス同様、実態の解明されていないトラックなのです。会社名を調べても出てきません。この作品はターャジスと便ールガンカの奇跡の共演となっています。先行が便ールガンカで後ろがターャジスというのもいいですね。ターャジスの謙虚な一面が非常に良く表れているように感じます。ポイントかなり高めです。8点。 

 

 

今回の受賞作は以上です。受賞された皆様、おめでとうございます。(特に何もあげられません。ごめんなさい。)

 

 

(ターャジス評論へのエントリーは、Twitterで #ターャジスあつめ にて承っております。

 

 

皆さまの投稿をお待ちしております。)

 

今日のトリビア。

 

たまにお寺の境内に小さな稲荷神社があるが、あれは実は別々の宗教法人として登録することで節税対策の効果を得るためである。

 

カレーが日本にやってきたのは奈良時代(天平文化)であり、シルクロードを伝ってインドからカレーが輸入されたが、当時の日本の農作技術ではスパイスを栽培できなかったため広まらなかった。

 

寒い冬の独特の匂いの正体は、空気中の水蒸気が凍る際に発生する微弱なプラズマの匂いである。

 

しゃっくりをするのは人間だけである。しかもしゃっくりの役割は生物学的に証明されていない。

 

ディズニーランドは世界に数カ所存在するが、「ミッキーマウスは世界に一体しかいないこと」をルールとして遵守しており、同時刻に世界の複数の箇所でパレードが行われることは無い。

 

レバーをおいしいと感じるのはただの錯覚であり、その味は5種類ある味覚のどれにも属さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、全部嘘です。妄想で書いたやつ。

(偶然にも本当のことを言ってたらごめんなさい。(たぶんない))

INAXとIMAX

トイレのINAXと映画のIMAXって字面が似ているなあと。

 

だったらいっそコラボしたら面白いのに。

IMAX仕様のトイレ。大音量で音楽が流れたり、水が掛かったり、風が吹いたり、いい匂いがしたりするトイレ。

 

と思ったけどそれ普通のトイレじゃん。音姫とかウォシュレットとか、手を乾かす機械とか、消臭剤とか。

 

 

 

 

 

 

 

日本のトイレはIMAXだ!!!

 

 

 

 

 

 

とここまで書いて念のため調べたら、

 

水が掛かったり風が吹いたりするやつは4DXの方で、IMAXはそういうの無いらしいです。ちぇっ

おあしす運動

会社に行ったら「おあしす運動」をやっていた。

 

おあしす運動。懐かしい。小学校のとき、火事の避難訓練でやっていたのを覚えている。

 

おさない

あわてない

しゃべらない

すばやく

 

で、頭文字をとってオアシス。火事を消す水とも掛かっていて、なんだか都合がいい。

 

 

と思ったら会社の「おあしす運動」はこれとは違っていて

 

 

 

おはようございます

ありがとうございます

しつれいしました

すみませんでした

 

 

 

だった。

 

 

なんだかなー。世知辛いなあ。

後半2つ、謝っちゃってるし。ネガティヴすぎない?

 

「すばやく」の方がいいよね。絶対。

すごく仕事できそうな感じするし。すばやく。

 

 

ていうかどっちの方がメジャーなんだろうね。火事のやつか、あいさつのやつ。

 

 

 

と思って検索したらあいさつの方しか出てこなかったので、

僕が小学校のときに習った「すばやく」の方のおあしすは

校長先生のオリジナルの可能性が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみませんでした。

婚活と人工知能

人工知能が再び注目を集め、あらゆる分野で利用されている。それは婚活サイトにも当てはまる。人工知能が顧客データを元に男女のマッチングを行う。そうして結ばれたカップルは「AI婚」と呼ばれる。よく神社には縁結びの神様がいて多くの人々にお祈りされているが、AI婚において縁結びを担うのは人工知能である。

 

こうしてまた一つ人工知能が神様に近づいた。

 

 

 

 

 

 

とここまで全て妄想で書いたが、検索してみると本当にあるのね。婚活を行う人工知能

 

 

www.nikkei.com

 

 

 

そういえば最近の会社の面接では人工知能が点数を出していたりするそうなので、今年入社した僕は人工知能に選ばれて働いているのかもしれない。

 

 

business.nikkeibp.co.jp

 

 

 

神社で一生懸命 就職祈願をしても、結果を決めるのは結局 人工知能。やっぱり神様と人工知能は仲がいいに違いない。どうでもいいけど。

 

 

f:id:horicun:20170917015301j:image

 

何ももたらさない概念図。

 

 

 

といっても神様はあくまでも概念であって、人工知能はただのソフトウェアである。同列に扱うのは如何なものか。

 

いまのところ、人工知能は人間が作り適切なチューニングを行なって初めてまともに機能する。ということは、人工知能のプログラムを作る人やチューニングを行う人こそが縁結びや面接結果に大きく関わることになる。そしたら結局、人間が神様なんだなあ、と、ネズミの嫁入りみたいな話になった。

 

 f:id:horicun:20170917021403j:image

 

ネズミの嫁入りみたいな話になっているのかも怪しい。

 

 

 

 

シンギュラリティに到達したら、何がどうなるの。まあいいや。

おしまい。